Hatena::Groupciv

Slob文明は20秒後に滅びます

2009-09-15

Civilization Revolution 乱戦 勝った試合のレポばかり書きがちなのは負け試合の場合世界の状況をうまく把握出来てないことが多くて書きにくいから。というか終始テンパっていると細部の様子まで記憶してられないから。たぶん。

Civilization Revolution 乱戦 勝った試合のレポばかり書きがちなのは負け試合の場合世界の状況をうまく把握出来てないことが多くて書きにくいから。というか終始テンパっていると細部の様子まで記憶してられないから。たぶん。 - Slob文明は20秒後に滅びます を含むブックマーク

f:id:Slob:20090915195531j:image


 だいたいこんなん。(イギリスはもうちょい西の海へ張り出していたかも)



 中国を選択してスタート。まずは面子を確認。性病ローマ、握力イギリス、smix日本、あとAIが一体、という構成。まずこの段階で展開を大方予想する。まずローマは古代からスパムで文化が大幅に遅れるだろう。中盤まで技術競争に絡んでは来るまいが、立地次第で刈り取りに行く。イギリスは対人メタ的に言うと農業用水→封建ラッシュを狙うはず。向こうの染料配置次第だが、配備完了までに最速で火薬を取れば問題なかろうよ。ので必然的に内燃機関に照準を合わすことになる。smix日本とはテクノロジー競争が懸念されるものの、あちらとて封建ラッシュは怖い、おまえによしおれによしのトレードにより火薬までが早くなることも見込める。以上が事業計画草案。


 蛮族狩り。すぐにイギリスと遭遇。近い。8マス(首都じゃなくてのちに出来た隣の都市が8マスだったか?眠かったのでここらへん怪しい)。無益極まりないにらみ合い、首都隣まで行き緊急生産を促す、等の牽制をするなどしたが、結果友好的蛮族含めて3つほど狩る。蛮族がAI文明モンゴルの居場所を教えてくれていたので、ガレーを作ってキャラバンを2つほど流し100G開拓者を出す。残りの蛮族が騎乗なんぞを教えてくれていたので、中国騎乗ラッシュを検討してみたが、一応長弓なんでやめておくことに。ぬくれば勝てる文明なので平和に行きたい。日本、ローマと遭遇。日本が割と近い。というかイギリスから近い。つまり共通の仮想敵が出来るわけで、火薬計画は順調に行きそうだ。ローマは遠い上に丘まみれの謎立地であったがすでにスパムが始まっていた。西に大平原が広がっているのを放浪戦士で確認、順当に伸ばされるとイヤなことになりそう。同地に根を張るモンゴルに適当な技術を流すなどして邪魔したいところだ。


 自力・最速で法律を取得し、共和制へ。ローマがいるため当然ボーナスはない。これは中国の近隣に染料が大量に転がっていたため、イギリスの入植を防ぐ必要があったからである。1マス島こそ少ないものの、ガレーで見る範囲では海はわりとよさそう。通貨、染料のための君主(イギリスがいるため偉人は出ない)、と取ってから数学を飛ばして航海術を取得。クジラ都市を増やす。スペインっ子の鯨好きは伊達ではないのだ。中国は産業入りしてからでも2個目3個目の図書館で間に合ったりするので、市場メインで増やす。8都市まで増やして民主主義へ移行。この頃には産業に入っている。研究は火薬を目指す。そしてアトランティス発見。


 発明を含めて偉人が3人、全員科学者なので貯める。ベテランスパイ軍団で防御しつつ、鉄鋼・内燃を1ターンで出してド肝を抜く作戦にする。火薬開発。生産都市を多めに作ってあるので、あまったガレオン大車輪でライフル軍団配備。蒸気機関開発。大学開発。研究が終わったらライフルが終わりそうな日本から狩ることにする。ここでやや気が大きくなり、イギリスの近くに鯨2匹都市を作ったところ、握力騎士がラッシュ、なんとベテランライフル兵軍団が落ち、蒸気機関が取られる。よりによってそれかー。


 沿岸安全じゃないと倒産こわいもんね ボンビーボンビー というわけで報復の科学者3連発により戦車軍団+戦艦+輸送巡洋艦軍団が爆誕、ライフル軍団3つほど随伴してイギリスを叩きに行く。島で遊んでいた民兵も一緒だ。一方ローマモンゴルとじゃれていた。俺が早々に矛を売ったのが原因だと思っていたが、違った。なんとイギリスが封建を二束三文で売り飛ばしていたらしい。モンゴル「ありがとう…優しいおじさん…」 結果技術が遅れに遅れローマオワタ。見事。


 何せ近いので随時戦車と各種船舶を出来次第回して行ける。技術差も歴然。急ごしらえの反中国連合の足並みが揃う前にイギリスを叩いて潰して滅亡寸前まで追いやる。ハイパーさあ懺悔の時間だよタイム。こちらの損耗は微々たるもの。偉人でダヴィンチ、ライフル兵を全員歩兵へとアップグレードさせ、エリート戦車軍団+戦艦軍団モンゴル首都へ向かう。ここらで首都を陥落されたイギリスの某プレイヤーが露骨に荒れ始め、プレイもそこそこに『あねどきっ』を読み出す&感想を語りだす。いけませんね。いやでもあれはいい漫画だよマジでマジで、と同調する中国の某プレイヤー。露骨に眉をしかめるローマの某プレイヤー。日本の某プレイヤーから苦笑いが漏れだした頃、モンゴル首都に部隊が。陥落!陸地をぐるっと回ってローマ首都へ。到着、即撃破。陥落!反対側から別軍団を日本へ向かわせて同時攻撃、襲撃。陥落!というわけで制覇。アリガトゴザマス。


 しかしマオは強い。全局面的に強い。人は城/石垣/堀だよなー。何をやらせてもアドバンテージがモリモリしておるよ。

2009-09-13

Civilization Revolution 乱戦 ダムに沈んだ村

Civilization Revolution 乱戦 ダムに沈んだ村 - Slob文明は20秒後に滅びます を含むブックマーク

f:id:Slob:20090913182702j:image

ぼくたちの村はダムに沈んだ。バグのせいだと父さんは言う。



f:id:Slob:20090913182656j:image

バグは虫のような生きもので、わるさをするものらしいのだけど、くわしいことは村のだれも知らない。



f:id:Slob:20090913182650j:image

となり村もあかい旗をのこしてしずんだ。まっかな旗。はたはたそれははためいてゐた。



f:id:Slob:20090913182646j:image

行きばをうしなったおとなたちは食べものをめぐってみんなであらそいをはじめた。



f:id:Slob:20090913182641j:image

あの日からばあちゃんはかべに向かってわけのわからないことをつぶやいている。



f:id:Slob:20090913182754j:image

すべては海へしずんで、ふねだけがおかへあがる。こんなことが何百年もつづいた。



f:id:Slob:20090913182751j:image

そんなとき、知らない男たちがやって来た。



f:id:Slob:20090913182746j:image

「ここは もう おまえたちの村では ないのだよ」 「でて 行きたまえ」 「いますぐだ」


f:id:Slob:20090913182740j:image

「でて行かぬなら かんがえがある」 「やいばをもたぬ みんぺいふぜいが」



f:id:Slob:20090913184212j:image

ぼくたちは村をすてた。みんながのりこんだしずかなふねの中で、ただばあちゃんだけが「なんでこんなことになった」 「なんでこんなことに」 「どうして」と言いつづけた。だれもなにも言わなかった。ぼくは木ばこのうえにたって、ずっとちいさくなっていく旗をみていた。村にさいごまでのこった、せんしのおじさんの旗。あらいしおかぜにゆさぶられて、さおがおれてしまいそうだ。きっとばさばさとなっているのだろうけれど、なみの音にのまれてもうここまではとどかない。

2009-09-10

Civilization Revolution 乱戦 おまえらレポ書けって言われたから書いたけど俺が一番熱心に書いてね?レポ

Civilization Revolution 乱戦 おまえらレポ書けって言われたから書いたけど俺が一番熱心に書いてね?レポ - Slob文明は20秒後に滅びます を含むブックマーク

スペイン性病ロシア。握力イギリス。smix中国性病ロシアはやや余裕の感じられるチョイス。攻めより守りの性病さんらしいっちゃらしい。握力イギリスはもはや定番。海洋国家であるスペインの天敵なので、戦艦隊が出るまでには大勢を決する or 滅亡させたいですね ^^ な方針。smixさんは先週購入でマルチ2回目。自身の経験から言えば勝ちたい盛り、納得の中国であると言える。だがやらせる気はない。素でない。


大陸の東端からスタート。戦士を生産して探索。探索。3体目を作るまで蛮族いねぇよを繰り返す。が、ロシアイギリスが孤島スタートということで安心して探索。青銅器のみ開発し川・平原・山を発見、蛮族Gとガレー売却で100G到達。ガレオン・開拓者を緊急生産し開拓者2で海へ。ガレー民兵は西へ向かわせ諜報活動。そこで中国・アステカ(AI)と遭遇。いい感じに伸びそうな立地。が、アステカは所詮AI中国の足止め以上のことは望むまいよ。だが技術は定期的に与えるなどする。わんぱくでもいい、たくましくそだってほしい。


ハイパー古代殖民タイム。イギリスの航海術シャークを無視するだけの簡単なお仕事です。鯨島を探す途中で黄金都市+テンプル発見。騎士は大陸でうろうろさせ金は市場緊急生産→開拓者緊急生産にまわす。途中糞立地に殖民+1マス島ロシアに強奪というハプニングはありつつも、内陸含め図書館か市場付きを7都市作ったので中世入り。ぬくぬく中国はこの段階で産業。民兵中国矛軍団の前でビバークするレギオン単体という切ない様子を伝えてくれる。アステカ超がんばれ。俺に牙を向ける前におまえにはやるべきことがあるはず。


研究タイム。イギリスがいるので君主制は無理、すでに発明が取られているのでこっちも無理、ということなので、偉人ルートを無視。要るものだけを着々と取得、ジャンプ・穴埋めとあわせてあっという間にテクノロジー数が追いつく。その間寺院を生産してまわり、大建築家の出現可能性を上げておく。ガレオンを3つほどアトランティスを探して世界中をまわらせる。そしてテクにものを言わせていっぱい恫喝。パターン入った。


ライフル兵・巡洋艦が完成。前者は頃合を見てアステカに流す。大建築家がまったく出ないので、ロシアから文化ボムして奪ったハンマー土地で全裸待機。が、中国が偉人でダヴィンチ作成のお知らせ。戦車出てないので怖くないなー、などと思いつつ、戦艦開発完了。イギリスに脅しをかけたり沈めたり。敵さんも細かい嫌がらせに余念がないのでひどいゲームだと思った。あとアトランティスようやく発見。まあないよかマシかな程度。


歩兵・内燃一番乗り。経済勝利の体制を着々と整えていたらイギリスとの交渉がバグり、なぜか戦車とカノン砲を交換するというありえないトレード。おい握力から戦車出るやんけであり、仕方がないので制覇勝利に切り替え、イギリスロックオンする。イギリスイギリス中国恫喝するなどしていつもの中の人ぶりを発揮、見事に戦艦をシャーク、応戦の構えを見せるが、いやいいけどもう戦艦隊そこで待機しとるからねであり、まあ、そんな感じだった。文化ボムも飛ぶ。爆撃機一番乗り。


戦車軍団を一部隊ほど損耗したが、無事、イギリスを全制圧、そのままアステカへ。もう一艦隊でロシア、さらに一艦隊で爆撃機を大科学者で作った中国も攻める、といったところで向こうが投了。ありがとうございました。結局大建築家は出なかった。


今回の勝因はスペイン古代スパムが決まったこと、特にガレオン×2で黄金都市の早期発見に成功したこと、これに尽きると思います。つまりおまえらの命運は紀元前には半ば尽きていた、というありがたいお話です。

2009-09-08

第七艦隊彷徨

第七艦隊彷徨 - Slob文明は20秒後に滅びます を含むブックマーク

f:id:Slob:20090909033009j:image


9月3日、ドイツ。悲しみのアップグレード失敗画像。初歩の初歩のミスにより不良在庫となった無数のエリート戦士*1、その沈鬱な佇まいにベルリン市民はみな涙したと言われている。





f:id:Slob:20090909033014j:image


9月8日。まさかの「政治体制=冶金」バグ。こういう細かいバグCivRev プレイには欠かせないアクセントなのだ。

*1:ちなみに奥にもう一都市あり、そこにも大量の戦士が

2009-08-31

双龍

双龍 - Slob文明は20秒後に滅びます を含むブックマーク

f:id:Slob:20090830181631p:image


えあり中国が勝ったということは、同じ中国使いであった俺もある意味同じ釜の飯でチーム戦みたいなものなので、手前どもも半分くらい勝った、少なくとも負けてはいない、という事でよござんすね。よござんすね。